bandicam 有料 有料版 使い方 値段 評価

ゲーム実況の著作権問題

基本的にはゲームというのはプレー中の映像をキャプチャーしていてもメーカーの著作物である。

 

 

映画と同じ。

 

 

だからそれを編集してアップしてはいけないよ、というのが前提であるが、ゲームメーカーが許可しているものがある。

 

 

つまりゲームメーカーが「どんどんアップしてくれ。宣伝になるしどんなプレーをしているか見たい」という進歩的な対応をしているのだ。しかしそんなゲームはハッキリ言って少ない。ゲームのジャンルによってはほぼ価値が失われてしまうものもあるからだ。

 

 

洋ゲーは割と寛容だが、ゲーム実況に関しての規約みたいなのはどこのメーカーも出しているから読んでおくべきだ。

 

 

 

日本のゲームはもっとキッチリしている。
始めっから実況有りきで作られているようなゲームもあり、あらかじめゲーム実況やってもいいですと謳っている。

 

 

 

今後はどうなるか分からないがとりあえず、ゲーム実況は間違いなく需要があるし、youtubeでも推している。無くなることはなさそうだが、ゲーム会社との折り合いをしっかりとつけてやっていかなければならない。